岩手の名峰

新幹線で盛岡に着いたあと、駅から開運橋にむかう道すがら、いつもそわそわして気がかりなことがあります。それは「今日の岩手山はどんな姿で迎えてくれるだろうか・・・」ということです。天候の悪い日以外、橋の上から眺める岩手山の眺めの良し悪しで、「やったゾ!」と思ったり、「あーっ、今日は残念」とがっかりしたり。その日の仕事の出来栄えを占うとでもいうような、我ながらなんとも子供っぽいことです。しかし、それほど岩手山の「その日の眺め」は、盛岡を訪れる私にとって精神衛生上とても重要な働きをしてくれます。どうですか、北上川の上に映える岩手山の雄大な景色。この姿を見られる幸せをかみしめたくて、わたしは今日もいそいそと盛岡に出かけます。

盛岡・開運橋から眺める岩手山